アーバンパレス唐津スカイテラス トップページ > デザイン

Design

APPEARANCE DESIGN アピアランスデザイン

モノトーンの外観デザインが新たな景観を創る。

白をベースに黒とグレーを効果的に配したモダンな外観デザインは、
駅前の景観に調和しながら、落ち着きのある存在感を漂わせます。
乳白色のガラス手すりがやわらかく、洗練された印象を放ち、
先進のクオリティと利便性に満ちた、
これからの暮らしを象徴するような佇まい。

  • ※掲載の写真は平成27年12月18日に撮影したものです。
ENTRANCE DESIGN エントランスデザイン

やさしい樹々の表情に迎えられながら、洗練された落ち着きのあるエントランスホールへ。

駅前のロータリーに面して、憩いの緑がやさしい表情を醸し出すアプローチ。
割石調の導線が落ち着いた洗練を漂わせ、エントランスへといざないます。
エントランスホールの正面は、季節の彩りが楽しめる坪庭。
日中は自然光が注ぎ、夜は美しくライトアップされた眺めが、空間に広がりを持たせた折り上げ天井の上質な佇まいとともに住まう方やゲストを温かく迎え入れます。

  • ※掲載の写真は平成27年12月18日に撮影したものです。
3.0m BALCONY 3.0mバルコニー

“余白”が生む暮らしの潤い3.0mの奥行を実現したバルコニー。

3.0mの奥行を持つバルコニーは、素敵な暮らしの“余白”。
四季折々のガーデニングで心癒される時を過ごしたり、
大人たちが集うおうちカフェを開くのも素敵ですね。
また夜はキャンドルを灯したり、星空観察をしたりと、家族の夢を実現できる、
大きな自由空間です。

  • ※掲載の写真はモデルルームを撮影(平成26年7月)したものであり、オプション(有料)を含みます。
    なお、家具・照明器具・小物等は、販売価格に含まれておりません。詳しくは係員におたずねください。
  • ※画像に一部CG処理を施しております。
  • ※掲載のバルコニーCGパースは外観完成予想図を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。
    描かれている家具・植栽・ウッドデッキパネルはイメージであり、実際に装備されているものではありません。
LANDSCAPE ランドスケープ
安心と利便性に包まれる暮らしを駅前の立地にプランニング。

四方を通りに面した駅前の立地に、暮らしやすさをプランニング。
全戸分の駐車場を確保し、歩車分離や防犯カメラの設置等で充実のセキュリティを追求。
さらに環境にも配慮し、緑の眺めを創る植栽計画を行いました。

  • 駅前の景観に季節感を演出する植栽計画。

    駅を行き交う方々にも心和む景観を楽しんでいただけるように、
    季節の彩りが楽しめる草花や中低木を中心に、緑の眺めを演出しています。

    サルスベリ、ヤマモミジ、ヤブツバキ、ジュンベリー、コブシ、ライラック、オウゴンモチ、サザンカ

    10台の防犯カメラでセキュリティを追求。

    防犯カメラ、ドーム型防犯カメラ

    不審者の侵入や死角を最小限に抑えるため、エレベーター内の2台を含む10台の防犯カメラを設置。
    安心・安全な暮らしを見守ります。
    ※カメラの設定位置は変更となる場合があります。

  • 人と車の動線を分けた歩車分離で安心。

    人と車、自転車の動線を分けて、安全に配慮。
    また自転車置場や駐車場からエントランスホールへの出入口も設けています。

    都心立地に全戸分100%の駐車場を確保。

    全65戸に対して65台分、100%の駐車場を確保。
    一部は地上3段、地下1段の機械式で防犯面でも安心です。

    四方角地で、隣接感が少ない開放感。

    JR唐津駅前の四方角地。駅前のロータリーや街路樹のある通りの角地という立地は、
    ビルなどによる隣接感が少なく、開放感に包まれます。

    上質の落ち着きで迎えるアプローチ&エントランスホール。

    植栽の緑とやわらかな光が迎えるアプローチ。エントランスホールには坪庭が設けられ、
    住まいへといざなう温かな落ち着きに満ちています。

space